商標登録をするには

商標登録とは、文字や図形等から構成される商標を考えたときに、これを独占するために登録して権利にするものです。
この手続きは特許庁に対して行います。

商標は、各種の業務において使用するネーミング、たとえば商品名、ブランド名、ブランド名としても使用する会社名や屋号、ウェブサイト名などが該当します。
また、文字をデザインしたり、あるいはキャラクターやロゴマークなどにした図形商標も、登録できる対象となります。

特許庁に対する手続きは自分ですることもできますが、通常、依頼するのは専門の国家資格をもつ弁理士です。

その商標が登録できるかどうかは、どのような商標であるか、どのような業務において使用するものか、ネーミングであれば言葉の意味合い、読み方で類似するものがあるかどうか、図形で類似するものがあるかどうか、他社が使用していて有名な商標でないか等々、様々な専門的判断が必要になります。
また、すべてが登録できるわけではなく、特許庁の審査において書面でのやり取りが必要になったりしますので、専門家である弁理士に依頼することになるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加


お問い合わせ

サイト内検索
count Since 2012.1.11